皆の本棚にある長田 弘の本

長田弘
長田 弘(おさだ ひろし、1939年11月10日 - 2015年5月3日)は、日本の詩人、児童文学作家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 来歴・人物 1939年、福島県福島市生まれ。福島県立福島高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。 同大在学中の1960年、詩誌「鳥」を創刊。雑誌「現代詩」「詩と批評」「第七次早稲田文学」の編集に加わる。1965年に詩集『われら新鮮な旅人』でデビュー。以来詩人として活躍する。代表作は児童向けの散文詩集『深呼吸の必要』であり、ロングセラーとなった。詩集の他には評論、エッセイなどの著書がある。1971年 - 1972年までアイオワ大学国際創作プログラム客員詩人を務めた。NHKのオピニオン番組『視点・論点』にも出演した。読売新聞の「こどもの詩」の選者を、死去した川崎洋に代わって2004年12月から2015年5月まで務めた。 2006年に出版された『読書から始まる』は読書法の指南書やエッセーではなく、読書という営みを異なる複数の観点から捉えた読書論となった。

12

12