皆の本棚にある長尾 雅人の本

長尾雅人
長尾 雅人(ながお がじん、1907年8月22日 - 2005年3月13日)は、日本の仏教学者、チベット学者。京都大学名誉教授。日本学士院会員。仏典に対する文献学的な研究を推し進め、また、チベット学の樹立に対しても貢献した。仙台市出身(父雲龍は広島の寺院住職)。 1931年3月 京都帝国大学文学部哲学科卒業 1937年3月 東方文化学院京都研究所所員(1938年4月 東方文化研究所に改組) 1949年4月 京都大学人文科学研究所助教授 1950年2月 京都大学文学部哲学科助教授(仏教学講座) 1951年3月 京都大学文学部哲学科教授(仏教学講座) 1956年4月 九州大学教授併任(1958年3月まで) 1965年9月 ウィスコンシン大学招聘教授(10月まで) 1967年4月 京都大学評議員(1969年3月まで) 1969年3月 京都大学文学部長(1970年3月まで) 1971年3月 京都大学退官 1971年4月 京都大学名誉教授 鉄鋼短期大学教授(1978年3月まで) 1976年 ブリティッシュコロンビア大学訪問教授 1978年 勲二等瑞宝章受章 活動 チベット語や梵語(サンスクリット)で書かれた仏典を原典の意味に忠実に訳すことを重視し、インドの大乗仏教における中心的な思想である中観及び唯識の思想を研究した。