皆の本棚にある鈴木 信行の本

鈴木信行
鈴木 信行(すずき のぶゆき、1965年8月5日 - )は、日本の政治運動家。維新政党・新風代表。『竹島は日本固有の領土』と書いた杭を置く運動をしていることから、韓国メディアでは「杭テロリスト」と呼ばれている。 東京都葛飾区生まれ。葛飾区立鎌倉小学校、葛飾区立奥戸中学校を卒業、東京学館高等学校を中退している。2012年には中央仏教学院を卒業している。 1980年代に日本に対する思いから政治活動を始め、既成の市民団体の街頭宣伝等に携わっていたが、1985年、一水会に加わり、反米反基地闘争などの活動を展開。統一戦線義勇軍情宣局長を経て、1992年には、野村秋介率いる「風の会」の選挙スタッフを務めた。1995年、維新政党・新風の結党に参加し、政党での活動を本格化させた。同年には靖国神社清掃奉仕有志の会の活動にも参加し始め、鈴木は代表に就任している。新風の東京都本部代表として迎えた2007年、鈴木は第21回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から新風公認で立候補した。