皆の本棚にある野沢 尚の本

野沢尚
野沢 尚(のざわ ひさし、1960年5月7日 - 2004年6月28日)は、日本の脚本家・推理小説家である。愛知県名古屋市出身。愛知県立昭和高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業。テレビドラマの脚本で高い評価を受ける一方、ミステリー小説にも幅を広げた。北野武の映画監督デビュー作の脚本を手掛けたことでも知られている。1998年、『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞受賞。 1983年 『V・マドンナ大戦争』で第9回城戸賞準入賞。 1997年 小説『破線のマリス』で第43回江戸川乱歩賞を受賞。 1997年 小説『恋愛時代』で第4回島清恋愛文学賞を受賞。 1999年 脚本『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞を最年少(当時)で受賞。 2001年 小説『深紅』で第22回吉川英治文学新人賞を受賞。 2002年 『反乱のボヤージュ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。 2004年 事務所マンションで首吊り自殺。44歳没。 人物像 シナリオライターになろうとしたきっかけは、中学時代から映画監督志望で、8ミリカメラで自主映画を作っていたが「映画はまずシナリオありき」と思い立ち、独学で始めたことであるという。

12345678910

12345678910