皆の本棚にある酒井 順子の本

酒井順子
酒井 順子(さかい じゅんこ、1966年9月15日 - )は、日本のエッセイストである。 東京都生まれ。立教女学院を経て、立教大学社会学部観光学科卒業。 高校時代、コラムニストの泉麻人の手引きによって、当時お嬢様系女子高生に人気だった雑誌 『オリーブ』(マガジンハウス)に、「マーガレット酒井」のペンネームでエッセイを寄稿した。 大学卒業後には広告代理店、博報堂に入社し、生活総合研究所客員研究員となった。3年後に退社し、フリーランスとして執筆業に専念するようになった。 2003年(平成15年)に発表したエッセイ、『負け犬の遠吠え』(講談社刊)で、講談社エッセイ賞と婦人公論文芸賞を受賞。 自身が30代、未婚で子供もいない酒井は、「独身で子供がいない」自分を幸せだというと周囲から反感をかうことに配慮して、「30代以上、未婚、未出産」の女性を自虐的に「負け犬」と定義したが、その刺激的なタイトルと裏腹に独身女性にエールを送っている内容が評価された。

123456

123456