皆の本棚にある近藤 和彦の本

近藤和彦
近藤 和彦(こんどう かずひこ、 1936年3月2日 - 2002年6月10日)は、京都府京都市出身の元プロ野球選手(外野手)。 天秤打法と呼ばれる独特の構えで打席に立つことで知られる。 来歴・人物 大阪府高槻市生まれ。平安高校では、1953年の春の選抜に控え選手として出場するが、出番は代打1打席のみに終わった。チームも2回戦で伏見高に敗退。卒業後は明治大学政治学科に進む。立大の長嶋茂雄らと同期であった。東京六大学リーグでは、2年生からレギュラーとなり、エース秋山登を擁し1955年春季リーグの優勝に貢献。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で日大を破り優勝。また同年の第2回アジア野球選手権大会日本代表(東京六大学リーグ選抜チーム)に選出された。しかしその後は早大、立大の後塵を拝し優勝から遠ざかる。リーグ通算83試合出場、255打数66安打、打率.259、0本塁打、23打点。ベストナイン3回(一塁手1回、外野手2回)。 1958年に大洋ホエールズに入団。キャンプで速球を打つ方法を試行錯誤しているうち、剣道の構えからヒントを得た天秤打法を発案。