皆の本棚にある車田正美の本

車田正美
車田 正美(くるまだ まさみ、男性、1953年12月6日 - )は、日本の漫画家、作詞家。東京都中央区月島出身。血液型A型。 本宮ひろ志の漫画『男一匹ガキ大将』に感銘を受けて漫画家を志す。漫画を本格的に描き始めた当初は画材を知らず、青インクでペン入れをしたという。高校3年生の時、初作品を『週刊少年ジャンプ』の「ヤングジャンプ賞」に投稿したが落選。編集部に落選理由を尋ねに行ったのがきっかけで、当時『侍ジャイアンツ』を連載していた井上コオのアシスタントとなる(一時的に本宮ひろ志のアシスタントも兼ねた)。 20歳の時、『週刊少年ジャンプ』にて『スケ番あらし』でデビュー。『リングにかけろ』『風魔の小次郎』『男坂』『聖闘士星矢』『SILENT KNIGHT翔』を同誌で連載し、荒唐無稽ながらも独特の作風でジャンプの看板漫画家の一人として活躍する。 このうち『リングにかけろ』『聖闘士星矢』の人気は絶大なものであり、『リングにかけろ』連載当時集英社ビルの改装を行った際は「車田ビル」「リンかけビル」と呼ばれ、車田自身も「ジャンプが300万部突破出来たのは私の漫画のおかげ」とネタにしていた。

12345

12345