皆の本棚にある赤川 学の本

赤川学
赤川 学(あかがわ まなぶ、1967年9月5日 - )は、日本の社会学者、東京大学大学院人文社会系研究科准教授。博士(社会学)。専門は近代日本を舞台としたセクシュアリティの歴史社会学。 概略 1967年、石川県生まれ。1990年、東京大学文学部社会学専攻を卒業、1995年同大学院社会学研究科博士課程を中退、信州大学人文学部助手に就任。1999年、「セクシュアリティの歴史社会学」で博士(社会学)を取得。同年、岡山大学文学部専任講師に就任。2001年、同助教授ののち、2002年、信州大学人文学部助教授、2006年、東京大学大学院人文社会系研究科助教授、2007年、同准教授を歴任している。 業績 大学院時代以来、ミシェル・フーコーの言説分析の手法を学び、ポルノグラフィを題材として、近代日本のセクシュアリティの脱構築をはかっている。その成果は、『性への自由/性からの自由』(1996年)、『セクシュアリティの歴史社会学』(1999年)として刊行された。