皆の本棚にある誉田 哲也の本

誉田哲也
誉田 哲也(ほんだ てつや、1969年8月18日 - )は日本の小説家。東京都出身、学習院中・高等科を経て学習院大学経済学部卒業。代表作に、『ストロベリーナイト』をはじめとする映像化された「姫川玲子シリーズ」や『武士道シックスティーン』をはじめとする「武士道シリーズ」などがある。 両親と姉の4人家族に育つ。小学校時代は漫画家に憧れ、その後バンド活動を始めてロック・ミュージシャンを目指す。就職せずに家業を手伝いながらプロを目指していたが、30歳目前の時に椎名林檎の才能に圧倒されミュージシャンの道を諦め、小説家になることを決意した。 格闘技を愛好しており、小説を書き始めたきっかけも、格闘技サイトにパンクラスの試合レビューを寄稿していたことであった。 親交のある著名人には安東能明、万城目学、声優の浅川悠、著作の装幀を手がけたデザイナーの松昭教などがいる。 作風 初期作品は伝奇物やホラーが多かったものの、「ストロベリーナイト」以降の作品には刑事を主人公にした推理小説が多く、警察機構に関する描写が緻密。

12345678910

12345678910