皆の本棚にある角野 栄子の本

角野栄子
角野 栄子(かどの えいこ、1935年1月1日 - )は童話作家、絵本作家、ノンフィクション作家、エッセイスト。日本福祉大学客員教授。 来歴・人物 東京出身。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。早大時代は龍口直太郎ゼミに所属した。 大学卒業後、出版社に勤務し一年ほどで結婚。1960年、25歳の時にブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、龍口の勧めにより、70年にブラジル体験をもとに描いたノンフィクション「ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて」で作家としてデビュー(35歳)する。 1982年「おおどろぼうブラブラ氏」でサンケイ児童出版文化賞、84年「ズボン船長さんの話」「わたしのママはしずかさん」で路傍の石文学賞、「ズボン船長さんの話」で旺文社児童文学賞、「おはいんなさい えりまきに」でサンケイ児童出版文化賞、85―86年「魔女の宅急便」で第23回野間児童文芸賞、第34回小学館文学賞、IBBYオーナリスト文学賞など多数受賞。

123456

123456