皆の本棚にある西部 邁の本

西部邁
西部 邁(にしべ すすむ、1939年(昭和14年)3月15日 - )は、日本の評論家。学位は修士であり、博士号は取得していない。雑誌『表現者』顧問。元鈴鹿大学客員教授、元秀明大学教授・学頭。元東京大学教養学部教授。 北海道山越郡の漁師町・長万部町に生まれる。父は夕張郡長沼町の浄土真宗派の末寺の末男で農協職員。札幌郡厚別の信濃小学校、札幌市立柏中学校、北海道札幌南高等学校に進学。高校卒業まではマルクスもレーニンもスターリンも毛沢東も知らぬノンポリであった。18歳まで重症の吃音であり、ほとんど何も喋らずに生きていた。1957年、東京大学を受験するが不合格となり、一年間の浪人生活を送る。 1958年4月、東京大学に入学、三鷹寮に入寮。同年6月、和歌山の被差別部落に入って子供たちに勉強を教える。同年12月に結成された共産主義者同盟(ブント)に加盟。1959年から同大学教養学部で自治会委員長を務める。同委員長の選挙のとき、西部はブントのメンバーたちとともに投票用紙を偽造してすり替え、共産党員の候補を落選させた。

12

12