皆の本棚にある西尾幹二の本

西尾幹二
西尾 幹二(にしお かんじ、1935年(昭和10年)7月20日 - )は、日本のドイツ文学者、思想家、評論家。学位は文学博士(東京大学)。電気通信大学名誉教授。 東京府に生まれる。少年時代は文学少年であり、詩人を目指していたという。終戦を疎開先の茨城県東茨城郡の村落で迎える。終戦時は10歳で、得体の知れない不安感・虚脱感にさいなまれ、疎開先では当時の大人たちの奇妙な集団行動を目の当たりにしたと、『国民の歴史』『わたしの昭和史』で語っている。 東京都立小石川高等学校を経て、1958年(昭和33年)東京大学文学部独文科卒。1961年(昭和36年)同大学院修士課程を修了。指導教官は手塚富雄であった。 1961年静岡大学人文学部講師、1964年電気通信大学助教授、1975年教授。1979年に「初期のニーチェ」により東京大学より文学博士を授与された。1994年正論大賞受賞。1999年電通大を定年退官、名誉教授。2015年春、瑞宝中綬章受勲。 文化人としての軌跡 論壇・文壇への登場 1965年から67年(昭和40年から42年)にかけ、ミュンヘン大学研究員として西ドイツに留学し、この経験をもとに執筆した論考が論壇に注目された。