皆の本棚にある蜂屋 邦夫の本

蜂屋邦夫
蜂屋 邦夫(はちや くにお、1938年11月17日 - )は、中国思想史の研究者、東京大学名誉教授。 1963年東大教養学部教養学科アメリカ分科卒業、1968年同大学院人文科学研究科比較文学比較文化専攻博士課程単位取得満期退学、東大東洋文化研究所助手、1974年助教授、1987年教授、1999年定年退官、名誉教授、大東文化大学教授。2009年退職。 1993年 東京大学 文学博士 論文の題は「金代道教の研究 -王重陽と馬丹陽 」。 老荘思想、道教が専門。 著書 中国の思惟 法蔵館 1985 中国的思考 講談社学術文庫 2001 老荘を読む 講談社現代新書 1987 金代道教の研究 王重陽と馬丹陽 汲古書院 1992 中国の不思議な物語 夢と幻想・寓意譚 同文書院 1993 中国思想とは何だろうか 河出書房新社 1996、オンデマンド版2006 孔子 中国の知的源流 講談社現代新書 1997 金元時代の道教 七眞研究 汲古書院 1998 荘子=超俗の境へ 講談社選書メチエ 2002 図解雑学 老子 ナツメ社 2006 共編著 儀礼士昏疏(編)汲古書院 1986 中国道教の現状 道士・道協・道観(編)東京大学東洋文化研究所 1990 中国の道教 その活動と道観の現状(編著)汲古書院 1995 中国の言語文化 魯迅と荘子 丸尾常喜共著 放送大学教育振興会 2002 老子(訳註) 岩波文庫、2008、ワイド版2012 脚注 ==。