皆の本棚にある藤沢 武夫の本

藤沢武夫
藤沢 武夫(ふじさわ たけお、1910年11月10日 - 1988年12月30日)は実業家。東京市出身(本籍は父の出身地である茨城県結城市)。本田宗一郎と共に本田技研工業(ホンダ)を世界的な大企業に育て上げた。本田宗一郎の名参謀と言われ、本田は藤沢に実印と会社経営の全権を委ね、自らは技術者に徹していた。 劇作家の藤沢文翁は孫にあたる。 来歴・人物 1910年(明治43年)、東京市小石川区(現・東京都文京区)で、父秀四郎、母ゆきの間に生まれる。旧制京華中学校を卒業後、1934年(昭和9年)から「三ツ輪商会」という鋼材小売店に勤める。1939年には独立して「日本機工研究所」を設立。しかし戦争が激化したため同社をたたみ福島県に疎開する。終戦後も福島にとどまり製材業を営む。 1949年(昭和24年)8月、通産省(当時)技官の竹島弘の引き合わせで本田宗一郎と出会い、同年10月には製材業を引き払い上京、ホンダの常務に就任。東京営業所の開設を皮切りに、ホンダの財務並びに販売を一手に取り仕切るようになる。1952年(昭和27年)には専務、1964年(昭和39年)には副社長に就任。