皆の本棚にある薬丸 岳の本

薬丸岳
薬丸 岳(やくまる がく、1969年8月26日 - )は、日本の小説家。本名は同じ漢字でやくまる たけしと読む。 兵庫県明石市出身。1988年、駒澤大学高等学校を卒業。2005年、『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。日本推理作家協会現会員。 人物・経歴 幼い頃から映画に熱中し、特に好きだったのはスティーブ・マックイーン。名画座に通いつめる内に、作り手になりたいと思うようになる。金子正次が脚本・主演を担当した「竜二」を見て俳優を志し、東京キッドブラザースの入団試験を受け合格するが、ミュージカルが肌に合わずに断念、半年ほどで退団した。その後、バーテンダーなどを経て、シナリオを学び始め、日本脚本家連盟ライターズスクール66期卒業、同連盟理事の脚本家西条道彦に師事していた。ライターズスクールで偶然隣の席になったことから仲良くなったのが、歌手の木山裕策であり、現在も親交が続いている。 脚本家の道も成果が出ず、漫画原作者を目指すようになり、『MANGAオールマン』の佳作に入選したこともあったが、その道にも行き詰まりを感じるようになった。

123456789

123456789