皆の本棚にある蓮池 薫の本

蓮池薫
『北朝鮮による日本人拉致問題』より : 蓮池 薫(はすいけ かおる、1957年9月29日 - )は、日本の翻訳家。新潟県柏崎市出身。1978年から2002年まで北朝鮮による日本人拉致問題の被害者として、北朝鮮で生活。新潟県立柏崎高等学校を経て、中央大学法学部卒業、新潟大学大学院修了、文学修士。新潟産業大学経済学部准教授。新潮ドキュメント賞受賞。蓮池透の実弟。 1978年7月31日、中央大学法学部3年在学中に、夏休みで実家に帰省していたところを当時交際していた女性とともに、新潟県柏崎市の海岸で北朝鮮の工作員、通称チェ・スンチョル並びに共犯者・自称韓明一(ハン・ミョンイル)こと通称ハン・クムニョン及び通称キム・ナムジンに拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。その間ともに拉致された女性と結婚、一男一女をもうける。 2002年10月15日帰国後、2005年から学校法人柏専学院嘱託職員となり新潟産業大学で韓国語の教育に従事するかたわら、2004年9月24日中央大学に復学。

12

12