皆の本棚にある荒木 和博の本

荒木和博
荒木 和博(あらき かずひろ、1956年(昭和31年) - )は、日本の評論家、政治活動家。拓殖大学海外事情研究所教授、特定失踪者問題調査会代表。 東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、民社党本部書記局に入局し、教育・広報・青年運動などを担当。1993年(平成5年)、第40回総選挙に旧東京7区から無所属で立候補するが落選。1994年(平成6年)、民社党の解党に伴い退職し現代コリア研究所で研究部長。 1996年(平成8年)、拓殖大学海外事情研究所に客員講師として就職。助教授を経て2004年(平成16年)10月より教授。この間、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会事務局長、拉致問題に取り組む民社人権会議幹事なども務める。荒木が民社党関係者であった縁から、拉致被害者家族会は東京での会議場として友愛会館、定宿として三田会館(いずれも民社協会系列、東京都港区芝)を利用している。 『諸君!』に「月報『北朝鮮問題』」を連載していた。 『正論』2009年(平成21年)4月号への寄稿において、予備自衛官としての体験から「平時において徴兵制を課すかどうかは議論があるが、戦時になったら国民全員が兵役の義務を負うことは当然だ」と主張している。