皆の本棚にある荒山 徹の本

荒山徹
荒山 徹(あらやま とおる、1961年 - )は、日本の小説家。朝鮮半島を舞台とする時代小説を発表してきた。伝奇作家。 富山県高岡市生まれで現在は大阪府在住。上智大学卒業。元読売新聞記者。新聞社、出版社勤務を経て作家となった。新聞記者2年目に在日コリアンの指紋押捺反対運動を取材したのがきっかけで大韓民国に興味を抱き独学で韓国語を学びはじめ、その熱が高じて留学した。その後も資料集めのため、日韓両国を行き来する。 五味康祐のファンである。 作風 伝奇作家として荒山は山田風太郎と比較されることがある。最大の特徴としては、韓国留学経験を生かした朝鮮史とのクロスオーバーであり、多くの作品に朝鮮半島または朝鮮人が登場する。実在の有名人の正体が「実は朝鮮人であった」というパターンも多い。 一方朝鮮半島からは、朝鮮妖術師、高麗忍者、朝鮮柳生らが登場し、妖術や剣術を駆使し、時には怪獣や大仏を使役することもある。また、敵側の一員、日本武将の妻や愛人、あるいは日本武将のロマンスの相手として朝鮮人美女が頻繁に登場し、作品に華を添えている。