皆の本棚にある船瀬 俊介の本

船瀬俊介
船瀬 俊介(ふなせ しゅんすけ、1950年 - )は環境問題を専門とするジャーナリスト、評論家。 2009年6月6日に著書『知ってはいけない!?』が第18回日本トンデモ本大賞を受賞した。 福岡県田川郡添田町出身。福岡県立田川高等学校卒業、九州大学理学部中退、早稲田大学第一文学部社会学科卒業。大学在学中より生協活動に携わる。日本消費者連盟の編集者を経て、1986年独立。主に消費者・環境にかかわる分野の題材で取材、執筆を続けている。 主張 著書『抗ガン剤で殺される』などでは抗ガン剤による癌治療を否定している。国立癌センターの検査データはねつ造されており、40%は癌ではないと主張。また、同書では、日本の医者は医薬品添付文書を読まないと主張している。 また、市民の人権擁護の会日本支部代表との共著『医者が心の病に無力なワケ』や内海聡との対談では「反精神医学」の主張を行っている。 著書『知ってはいけない!?』においてアポロ計画陰謀論や911テロ自作自演論などを肯定、支持している。

12

12