皆の本棚にある紀田 順一郎の本

紀田順一郎
紀田 順一郎(きだ じゅんいちろう、1935年4月16日 - )は、日本の評論家、翻訳家、小説家。本名は佐藤 俊(さとう たかし)。神奈川県横浜市中区生まれ。横浜国立大学神奈川師範学校横浜中学校から慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部卒。 ペンネームの「紀田」はきだみのるから、「順一郎」は谷崎潤一郎に由来している。 横浜の本牧・千代崎町で出生、父は日本銀行の行員。1941年に父が結核となり、暗い家庭となる。腺病質で体が弱かったため、本の世界に楽しみを見出していた。集団疎開の苦しみから、1945年1月の父の死去で逃れる。その後、縁故疎開して終戦を迎える。1948年、横浜国立大学附属横浜中学校に入学。担任となった女性教師の影響で、純文学に親しむようになる。 1951年、慶應義塾高等学校入学。文学全集を読みふけるが、一方で1953年に創刊された「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」の影響で、探偵小説にも熱中するようになる。また、「映画芸術研究会」で大伴昌司と知り合う。 1954年、慶應義塾大学経済学部に進学。紀田らの入学2年前に仮結成されていたものを、田村良宏(後のSRの会会長)らが本格立ち上げした慶應義塾大学推理小説同好会(木々高太郎を会長)に、やはり大伴とともに参加。