皆の本棚にある笹本 稜平の本

笹本稜平
笹本 稜平(ささもと りょうへい、1951年10月9日 - )は、日本の小説家。 千葉県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒。出版社勤務を経て、海運分野を中心にフリーライターとして活躍。2000年、「阿由葉稜」名義で『暗号―BACK‐DOOR』を書き下ろしてデビュー。本作品は後に『ビッグブラザーを撃て!』と改題され、笹本名義で文庫化された。 2001年、2作目となる『時の渚』で第18回サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。2004年には『太平洋の薔薇』で第6回大藪春彦賞を受賞。 作風 笹本名義のデビュー作『時の渚』は私立探偵を主人公にした人情ミステリーだったが、第2作の『天空への回廊』は、一転してエベレストを舞台にした正統派の冒険小説。以後、『フォックス・ストーン』、『太平洋の薔薇』、『グリズリー』、『極点飛行』などへと続く作品群で、スケールの大きい冒険・謀略小説を構築する作家として注目を集めた。

12345678

12345678