皆の本棚にある笠谷 和比古の本

笠谷和比古
笠谷 和比古(かさや かずひこ、1949年8月15日 - )は、日本の歴史学者。国際日本文化研究センター名誉教授、帝塚山大学文学部文化創造学科教授。専攻は日本近世史・武家社会論。博士(文学)(京都大学、1994年)(学位論文「近世武家社会の政治構造」)。 兵庫県神戸市出身。甲陽学院高等学校卒業、1973年京都大学文学部史学科卒業、78年同大学院文学研究科国史学専攻博士課程単位取得退学、国文学研究資料館史料館助手、1988年『主君「押込」の構造』でサントリー学芸賞を受賞、1989年国際日本文化研究センター助教授、96年教授、2015年定年退官。同年4月帝塚山大学文学部文化創造学科教授。1994年「近世武家社会の政治構造」で京都大学文学博士。 偽作説が主張されている『東日流外三郡誌』の「寛政原本」について、「あくまで目に触れた範囲での判断で」「江戸時代中に作成された文献と認められる」との所見を述べている。