皆の本棚にある神永 学の本

神永学
神永 学(かみなが まなぶ、1974年8月3日 - )は、日本の小説家。山梨県出身。 自費出版した『赤い隻眼』が話題を呼び、2004年10月『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』(『赤い隻眼』の改題)でプロデビュー。日本推理作家協会、日本文藝家協会、会員。 代表作である『心霊探偵八雲』シリーズは、累計450万部を超え、舞台化、アニメ化などされている。 山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)出身。 映画監督を目指し、山梨県立白根高等学校を卒業後、日本映画学校(現日本映画大学)に入学。 映画学校卒業後、制作進行として働き始めるが、家庭の事情で断念。一般企業の人事総務担当として勤務を始める。この頃から、小説の執筆を始める。 仕事の合間に書いた小説を、様々な賞に応募するが受賞に至らなかった。 記念のつもりで『赤い隻眼』を自費出版するが、これが編集者の目に留まり、2004年10月、同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でプロデビュー。

12345678910

12345678910