皆の本棚にある磯田 道史の本

磯田道史
磯田 道史(いそだ みちふみ、 1970年12月24日 - )は、日本の歴史学者(日本近世・近代史・日本社会経済史)。国際日本文化研究センター准教授。 岡山市出身。岡山市立御野小学校、岡山市立岡北中学校、岡山大安寺高等学校、京都府立大学中退、慶應義塾大学文学部史学科卒業。2002年同大学院文学研究科博士課程修了、「近世大名家臣団の社会構造」で博士(史学)。指導は田代和生教授。ほか速水融に学んだ。2004年茨城大学人文学部助教授、2007年准教授。2008年~2011年国際日本文化研究センター客員准教授。2007年-2009年読売新聞読書委員、永青文庫評議員、2012年東京歯科大学客員准教授、2012年静岡文化芸術大学文化政策学部准教授、2014年同大学教授を経て2016年より現職。毎日新聞書評委員を務める。 2003年の著作『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』で第2回新潮ドキュメント賞、2010年には森田芳光監督によって『武士の家計簿』として映画化された。

1234

1234