皆の本棚にある石田 衣良の本

石田衣良
石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの。 1960年(昭和35年)に、東京都江戸川区出身。姉が2人いる。 子供の頃から大変な読書家で、中学、高校、大学時代には、近所の3つの図書館から毎週4冊ずつ本を借りて読み、それでも足りなくて、文庫本を購入していたという。 15歳の頃、ハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリに熱中し、次々と読破した。特に、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだった。東京都立両国高等学校では、小池昌代と同級生だった。1978年、成蹊大学経済学部に入学、1983年に卒業した。 大学卒業後はフリーター生活を送っていたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。

12345678910

12345678910