皆の本棚にある知念 実希人の本

知念実希人
知念 実希人(ちねん みきと、1978年10月12日 - )は、日本の小説家、医師。沖縄県南城市生まれ。 東京都中央区在住。巣鴨中学校・高等学校、東京慈恵会医科大学卒業。日本内科学会認定医。 2004年から内科医として勤務。2011年、『誰がための刃 レゾンデートル』(応募時のタイトルは「レゾン・デートル」)で第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。選考委員の島田荘司は「背後に存在する深い医学的知見に都度圧倒される」と評した。2012年、同作で作家デビュー。Twitterでは医療系のトリビアをつぶやいており、毎日見ているとためになるアカウントとして、4万人以上にフォローされている。 作品リスト 天久鷹央の推理カルテシリーズ 表紙イラスト:いとうのいぢ 天久鷹央の推理カルテ(2014年9月 新潮文庫nex) 収録作品:泡 / 人魂の原料 / 不可視の胎児 / オーダーメイドの毒薬 天久鷹央の推理カルテII ファントムの病棟(2015年2月 新潮文庫nex) 収録作品:甘い毒 / 吸血鬼症候群 / 天使の舞い降りる夜 天久鷹央の推理カルテIII 密室のパラノイア(2015年5月 新潮文庫nex) 収録作品:閃光の中へ / 拒絶する肌 / 密室で溺れる男 スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ(2015年8月 新潮文庫nex) - シリーズ初の長編 天久鷹央の推理カルテIV 悲恋のシンドローム(2016年1月 新潮文庫nex) 収録作品:迷い込んだ呪い / ゴミに眠る宝 / 瞬間移動した女 その他の小説 誰がための刃 レゾンデートル(2012年4月 講談社) ブラッドライン(2013年7月 新潮社) 優しい死神の飼い方(2013年11月 光文社) 仮面病棟(2014年12月 実業之日本社文庫) 改貌屋 天才美容外科医・柊貴之の事件カルテ(2015年5月 幻冬舎文庫) 黒猫の小夜曲(2015年7月 光文社) - 『優しい死神の飼い方』続編 神酒クリニックで乾杯を(2015年10月 角川文庫) 神酒クリニックで乾杯を 淡雪の記憶(2016年4月 角川文庫) 単著未収録短編 彼女が瞳を閉じる理由(角川書店『小説 野性時代』2014年2月号) 黒猫の夜想曲(光文社『ジャーロ』2014年秋冬号) 脚注 外部リンク 知念実希人 - Facebook 知念実希人 (@MIKITO_777) - Twitter。

123

123