皆の本棚にある矢野 隆の本

矢野隆司
矢野 隆司(やの たかし、1960年8月29日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。 大阪府大阪市生まれ。本籍は福井県。国際安全保障学会、日本近代文学会各会員。座右の銘は「一管の筆も懦夫を立たしめ、三寸の舌も人の魂を刺すことは可能だ」。 関西学院大学法学部在学中に自主映画サークル「いちせ会」に参加。『ウルトラQ 29 闇が来る』などに出演した。1983年卒業、神戸新聞社に入社。約5年の記者活動を経て同社を退社し、民間企業に就職。その後、大阪府知事選挙で私設秘書等を経験のかたわら、「いちせ会」代表だった一瀬隆重が社長を務めるオズ取締役(映画『リング』、『らせん』、『呪怨』などの制作会社)。また月刊雑誌『Water&Life』の副編集長も兼務(その後、編集主幹に就任)。1995年大成機工代表取締役専務、2003年同社取締役を退任し、副会長、吹田市総合計画審議会委員に就任。 2005年8月下旬、自民党本部から衆議院議員選挙比例区での立候補を打診され、比例近畿ブロックの名簿43位で出馬。