皆の本棚にある真木 悠介の本

真木悠介
『見田宗介』より : 見田 宗介(みた むねすけ、1937年8月24日 - )は、日本の社会学者。東京大学名誉教授。社会学修士。真木悠介の筆名を持ち、社会の存立構造論やコミューン主義による著作活動によって広く知られる。 東京生まれ。父はヘーゲル研究者の見田(甘粕)石介。小学生の頃から『資本論』を愛読するなど早熟な少年時代を過ごした。1960年に東京大学文学部社会学科を卒業。1965年に同大学院博士課程単位取得退学後、東京大学教養学部助教授に任官。その後、メキシコ留学を経て、1982年教授、東京大学大学院総合文化研究科教授。東大の見田ゼミは、常に見田の信奉者で満席状態であった 。1998年に定年退官後、共立女子大学家政学部教授に就任(総合文化研究所教授兼任)。 長男は漫画家の見田竜介、次男は漫画家・イラストレーター・翻訳家の見田航介。憲兵大尉の甘粕正彦は父の従兄。 研究歴 当初は、『現代日本の精神構造』(1965年)、『価値意識の理論』(1966年)など計量に基づく実証的研究を進めるが、1970年代はじめのメキシコ留学を経て、コミューン主義の立場からの著述活動を始める。