皆の本棚にある真山 仁の本

真山仁
真山 仁(まやま じん、1962年(昭和37年)7月4日 - )は、日本の小説家。経済小説 『ハゲタカ』シリーズの著者として知られる。 大阪府出身。同志社大学法学部政治学科卒業後、1987年(昭和62年)に中部読売新聞(現在の読売新聞中部支社)へ入社。岐阜支局記者として勤務し、1990年(平成2年)に退職してフリーライターとなった。 1995年に阪神淡路大震災で被災。 2003年(平成15年)、生命保険会社の破綻危機を描いた 『連鎖破綻 ダブルギアリング』で作家デビューした。当時のペンネームは、「香住 究」(かずみ きわむ)だった。翌年、ハゲタカファンドを扱った小説、『ハゲタカ』を、「真山 仁」として出版し、経済小説の新鋭として注目される。 2012年(平成24年)、『コラプティオ』で第2回山田風太郎賞候補、第146回直木賞候補。2014年、『グリード』で第35回吉川英治文学新人賞候補。 作品リスト 小説 = 「ハゲタカ」シリーズ = 『ハゲタカ』上、ダイヤモンド社、2004年12月。

12345678910

12345678910