皆の本棚にある真保 裕一の本

真保裕一
真保 裕一(しんぽ ゆういち、1961年5月24日 - )は、日本の小説家、脚本家。 来歴・人物 東京都生まれ。習志野市立第三中学校、千葉県立国府台高等学校を卒業後、『ドラえもん』のような夢あふれるアニメを作りたいと考え、シンエイ動画の採用試験を受けるも、作画能力の不足で不採用となる。その後、小規模の制作会社を転々とした後、シンエイ動画に入社。当初は脚本の製作管理を行なう文芸を担当し、『笑ゥせぇるすまん』『おぼっちゃまくん』で演出を担当した。 シンエイ動画に仕事を減らしてもらいながらも、『連鎖』を書き上げ、1991年に同作で江戸川乱歩賞を受賞、これがきっかけでシンエイ動画を退社する。しかし、当初は売り上げが芳しくなく、生活に困ることとなる。そこで、シンエイ動画の仲間から「アルバイトで『クレヨンしんちゃん』の絵コンテを書かないか」と言われていた。試しに見たところ、あまりにも面白いアニメだったので「呑気なバイトで参加することはスタッフに申し訳ない」と、依頼を断った。

12345678910

12345678910