皆の本棚にある田中 正明の本

田中正明
田中 正明(たなか まさあき、1911年2月11日 - 2006年1月8日)は日本の歴史評論家。長野県下伊那郡喬木村出身。 1933年興亜学塾卒業。応召し、無錫で終戦を迎える。 松井石根の元私設秘書。大亜細亜協会編集責任者。 南信時事新聞元編集長。拓殖大学講師。日本アラブ協会常任理事。 極東国際軍事裁判インド代表判事のラダ・ビノード・パールとの親交が深く、日本で初めてパール判決を紹介する『パール博士の日本無罪論』を1952年のサンフランシスコ講和条約発効日に公表。パール判決に基づく日本無罪論の紹介者・主導者として知られる。 晩年には南京事件の存在に否定的な立場からの言論活動を活発に行った。その主張から、同じ下伊那郡出身のジャーナリストで南京事件肯定派の本多勝一(松川町出身)とは犬猿の仲であった。2006年1月8日、肺炎のため東京都小金井市の病院で死去、94歳没。板垣正が葬儀委員長、深田匠が葬儀副委員長を務めた。 南京事件についての田中の主張は、田中の弟子にあたるジャーナリストの水間政憲などが引き継いでいる。

12

12