皆の本棚にある犬村 小六の本

犬村小六
犬村 小六(いぬむら ころく、1971年 - )は、日本のゲームクリエイター、ライトノベル作家である。 1971年、宮崎県に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒。ゲームプランナー、ゲームシナリオライターとして『幻想水滸伝III』『THE EYE OF JUDGMENT』『プリンセスメーカー5』などの制作に参加する。 2004年、エンターブレインのファミ通文庫にてPlayStation 2用ゲームソフト『Remember11 -the age of infinity-』のノベライズ作品を刊行し、作家デビューする。同年のうちにゲームノベライズ作品を数作発表するも、2005年から2006年までの間、作家としての作品の発表がなくなる。 2007年、2年以上にわたる空白期間を経て、小学館のガガガ文庫より初のオリジナル作品である『レヴィアタンの恋人』シリーズの刊行を開始し、2008年には『とある飛空士への追憶』を発表、高い評価を得る(詳細は下記、もしくは当該作品の項を参照)。

123456

123456