皆の本棚にある泡坂 妻夫の本

泡坂妻夫
泡坂 妻夫(あわさか つまお、1933年5月9日 - 2009年2月3日)は日本の推理作家、小説家。東京都千代田区(当時東京市神田区)出身。東京都立九段高等学校卒。筆名の"泡"の旁は正しくは"己"ではなく"巳"。本名は厚川 昌男(あつかわ まさお)。筆名は本名のアナグラムである。 東京・神田で「松葉屋」の屋号を持つ紋章上絵師の家に生まれる。定時制で高校に通いながら約5年の会社勤めを経て、家業を継いで絵師として働く。幻影城新人賞に応募した短篇「DL2号機事件」が佳作入選して1976年に作家デビューした。 その逆説を多用する作風から「日本のチェスタトン」と呼ばれた。また、劇中で用いられているトリックのタネを書籍自体に施した『しあわせの書』や、袋綴じされているページを切り開くと内容が変化する『生者と死者』など、紙媒体でしか成立しない仕掛けを施した、遊び心と技巧が一体となった作品がある。

1234

1234