皆の本棚にある水村 美苗の本

水村美苗
水村 美苗(みずむら みなえ、1951年 - )は、日本の小説家、評論家。夫は東京大学経済学部教授岩井克人。
東京都生まれ。父親の仕事の関係で12歳の時に渡米。ボストン美術学校(:en:School of the Museum of Fine Arts, Boston en)、イェール大学フランス文学専攻、イェール大学大学院仏文科博士課程修了。ポール・ド・マンの教えを受ける。
プリンストン大学講師、ミシガン大学客員助教授、スタンフォード大学客員教授として、日本近代文学を教える。
プリンストン大学で教鞭を執る傍ら日本語で小説を書き始める。夏目漱石の遺作『明暗』にあった未解決の部分を丁寧に完結させた第一作『續明暗』は、1990年芸術選奨新人賞を受賞した。欧文が部分的に混在する横書きで、自伝を重ねた第二作『私小説 from left to right』は、1995年野間文芸新人賞を受賞した。エミリー・ブロンテ著『嵐が丘』を戦後日本の舞台に書き換えた第三作『本格小説』は、2002年読売文学賞を受賞した。2009年には『日本語が亡びるとき』で小林秀雄賞を受賞し、同賞を夫婦でものにしたことになる。

123

123