皆の本棚にある橋本治の本

橋本治
橋本 治(はしもと おさむ、男性、1948年(昭和23年)3月25日 - )は、日本の小説家、評論家、随筆家。 来歴・人物 東京都杉並区出身。アイスクリーム屋の息子に生まれる。大学在学中に、「とめてくれるなおっかさん 背中の銀杏が泣いている 男東大どこへ行く」というコピーを打った東京大学駒場祭のポスターで注目される。イラストレーターを経て、 1977年の小説『桃尻娘』(第29回小説現代新人賞佳作)を振り出しに、文筆業に転じる。該博な知識と独特な文体を駆使して評論家・随筆家として活躍する一方、古典文学の現代語訳・二次創作にもとりくむ。また、編み物にも才能を発揮。製図を作ってから精密に編み込まれたセーターなどが話題を呼び、男の編み物を出版するに至った。編み込まれた題材はデビッド・ボウイのアラジン・セイン、山口百恵、浮世絵など。糸井重里、野坂昭如、早川タケジらがつとめた。 1984年度のフジテレビのイメージキャラクターをおかわりシスターズと共につとめたことがある。 小林秀雄賞(第6回より)の選考委員を務めている。 学歴 杉並区立新泉小学校卒業 杉並区立和泉中学校卒業 東京都立豊多摩高校卒業 東京大学文学部国文学科卒業。