皆の本棚にある横関 大の本

横関大
横関 大(よこぜき だい、1975年2月18日 - )は、日本の小説家・推理作家。静岡県生まれ。武蔵大学人文学部日本文学科卒業。 大学生のときに小説を書き始める。当初は純文学を執筆していた。大学卒業後、約5年間東京都内でアルバイトをしながら小説家を目指す。カルチャースクールの創作教室に1年間通っていたときに、ミステリー系の短編を執筆したら評判がよく純文学からミステリーに転向する。20代後半で地元に戻り富士宮市職員として働く傍ら、2002年から8年連続で江戸川乱歩賞に応募し、2006年「ライダーズ・ハイ」で、2007年「聖クレーマーの憂鬱」で、2008年「ハーネス」で、最終候補作に残る。2010年『再会』(応募時のタイトルは「再会のタイムカプセル」)で第56回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。選考委員の内田康夫は「よく練られたプロットと平明な文章力に力を感じさせ、受賞にふさわしい作品ではあった」、恩田陸は「目新しい題材は何もないのに、面白く自然に読ませるところに感心した」、天童荒太は「事件の派手さではなく、語り口で引っ張ったことを、高く評価したい」、東野圭吾は「背伸びすることをやめ、『乱歩賞の傾向と対策』のようなものから解放されたのが勝因だと思う」と評した。

123

123