皆の本棚にある樋口 陽一の本

樋口陽一
樋口 陽一(ひぐち よういち、1934年9月10日 - )は、日本の法学者。専門は憲法学、比較憲法学。東北大学名誉教授、東京大学名誉教授。法学博士(東北大学、1964年)、パリ大学名誉博士。日本学士院会員。日本学士院賞受賞。宮城県仙台市出身。81歳。 父親も東北大学教授であった関係で、生まれも育ちも宮城県仙台市。 仙台第一高等学校卒業後、東北大学法学部法学科入学、憲法学者清宮四郎の門下。英語、ドイツ語、フランス語、ラテン語等の語学に堪能で、それを生かして比較憲法学に取り組んだ。「近代立憲主義と現代国家」によって、41歳で日本学士院賞を受賞。 当時は東大の植民地と揶揄されていた東北大学法学部にあって、数少ない生え抜き教授となった。藤田宙靖(東北大学名誉教授・元最高裁判所判事)によれば、樋口が大学院修了により東北大学教官に採用される時には、「講座人事上の無理をして」という内幕があったようである(樋口古希記念・藤田、樋口陽一さんと私 : あとがきに代えて)。

12

12