皆の本棚にある樋口 有介の本

樋口有介
樋口 有介(ひぐち ゆうすけ、1950年7月5日 - )は日本の小説家・推理作家。群馬県前橋市生まれ。群馬県立伊勢崎東高等学校卒業。國學院大學文学部哲学科中退。 大学中退後、世界各地を放浪。劇団員、業界誌記者、青焼工など様々な職業を経て、昭和63年(1988年)『ぼくと、ぼくらの夏』で第6回サントリーミステリー大賞の読者賞を受賞し、作家デビュー。 当初は純文学作家を目指していたが結果は実らず、やけを起こして書いたのが『ぼくと、ぼくらの夏』だったという。そのためデビュー当時はミステリには疎く、食べていくためにテレビの二時間のミステリ番組を毎日のように見て勉強することとなる。青春ミステリ、または中年の哀歓を押し出した軽ハードボイルドを得意とする。トリックやプロットで勝負する、いわゆる本格派ではないにもかかわらず、独自の香気とユーモアを愛されて創元推理文庫にも作品が収録されている。 文学賞受賞・候補歴 1988年 - 『ぼくと、ぼくらの夏』で第6回サントリーミステリー大賞読者賞受賞。

12345678910

12345678910