皆の本棚にある柳 広司の本

柳広司
柳 広司(やなぎ こうじ、1967年9月20日 - )は、日本の小説家・推理作家。三重県生まれ。神戸大学法学部卒業。 1998年、「挙匪(ボクサーズ)」で第4回歴史群像大賞佳作。2001年、原書房から刊行された『黄金の灰』で小説家デビュー。2008年に刊行された『ジョーカー・ゲーム』は、「このミステリーがすごい!」で第2位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第3位と高く評価された。2009年、同作で第30回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。「ジョーカー・ゲーム」シリーズは累計で80万部を突破している。 文学賞受賞・候補歴 1998年 - 「挙匪(ボクサーズ)」で第4回歴史群像大賞佳作。 2001年 - 『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。 2007年 - 『トーキョー・プリズン』で第60回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。 2009年 - 『ジョーカー・ゲーム』で第30回吉川英治文学新人賞受賞、第62回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞、第11回大藪春彦賞候補、第6回本屋大賞第3位。

12345678910

12345678910