皆の本棚にある柚木 麻子の本

柚木麻子
柚木 麻子(ゆずき あさこ、本名は非公開、1981年8月2日 - )は、日本の小説家。 プロフィール 東京都世田谷区に生まれる。恵泉女学園中学・高等学校、立教大学文学部フランス文学科卒業。既婚。 大学時代より脚本家を目指してシナリオセンターに通い、ドラマのプロットライターを務めた。卒業後、製菓メーカーへの就職を経て塾講師や契約社員などの職のかたわら小説の賞に応募し、2008年に第88回オール讀物新人賞を受賞した。受賞作「フォーゲットミー、ノットブルー」を含む初の単行本『終点のあの子』が2010年に刊行された。同作は『本の雑誌』上半期エンターテインメントランキングで3位となるなど高評価を得た。 2013年には『嘆きの美女』が、2015年には『ランチのアッコちゃん』がNHK BSプレミアムでテレビドラマ化された。 文学賞受賞・候補歴 2008年 - 「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞受賞。 2013年 - 「伊藤くん A to E」で第150回直木三十五賞候補。

12345678910

12345678910