皆の本棚にある林 明子の本

林明子
林 明子(はやし あきこ、1945年3月20日 - )は、日本の絵本作家。『こんとあき』の作者、『はじめてのおつかい』の共著者として知られる。 東京都豊島区生まれ。血液型A型。横浜国立大学教育学部美術科卒業。若い時はアニメーターに憧れていたが、見学したスタジオの作画部屋があまりに暗かった為、断念している。 1973年に初めての絵本『かみひこうき』を出版。福音館書店の月刊絵本『こどものとも』に、筒井頼子との共作で『はじめてのおつかい』(1976年3月号)、『あさえとちいさいいもうと』(1979年5月号)などを執筆。 「肌理の細かいぬくもりのある描き方」(松居直・評)で小さい女の子を主人公とした絵本の挿絵をマイペースで手掛けていく。1983年には男の子を主人公とした『おふろだいすき』(1982年4月)でサンケイ児童出版文化賞美術賞を受賞した。2013年に約11年ぶりとなる新刊『ひよこさん』(征矢清・作)を、月刊『こどものとも0.1.2.』(2013年3月号)より出版。

123

123