皆の本棚にある松谷 みよ子の本

松谷みよ子
松谷 みよ子(まつたに みよこ、本名:松谷 美代子、1926年2月15日 - 2015年2月28日)は、日本の児童文学作家。 父は社会派の弁護士で、無産政党代議士となった松谷與二郎。元夫は児童文学関係者で人形劇団座長の瀬川拓男。自伝として、『自伝 じょうちゃん』、『小説・捨てていく話』がある。 来歴・人物 1926年(大正15年)、東京市神田区元岩井町(現・千代田区神田岩本町)に4人きょうだいの末っ子として生まれる。西巣鴨第五尋常小学校から東洋高等女学校に進み、1943年に卒業。家の事情もあり大学には進まず旧日本勧業銀行に就職、その後JTBで編集に従事する。1945年、東京への空襲がはげしくなって家族とともに長野県中野市に疎開。1947年に長野で、1948年に東京で坪田譲治を訪れて師事。坪田が1951年に創立したびわの実学校にも参加し、以後びわの実会では坪田の引退後も責任編集などを担当する。1951年には童話集『貝になった子供』があかね書房から出版され、第1回児童文学者協会新人賞を受賞する。

12345678

12345678