皆の本棚にある東 直子の本

東直子
東 直子(ひがし なおこ、1963年12月23日 - )は、歌人、小説家、脚本家。広島県安佐町(現・安佐北区)生まれ。神戸女学院大学家政学部食物学科卒業。姉の小林久美子も歌人。 大学在学中に演劇活動を行う。結婚後、1990年より「MOE」に短歌、詩、童話の投稿を始め、常連入選者となる。短歌欄の選者は林あまりだった。1991年に加藤治郎の紹介で未来短歌会に入会し、岡井隆に師事した後、1993年より歌人集団「かばん」同人。1996年、「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。2006年には「長崎くんの指」で小説家としてもデビューし、2016年には『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞。そのほか、ミュージカル脚本の執筆もある。イラストレーション青山塾16期生としてイラストを学んだ経験もあり、自著の装画も手がけている。 2009年よりNHK短歌選者、2011年より歌壇賞、2014年より角川短歌賞選考委員。2015年、早稲田大学文学学術院文化構想学部教授。2016年より東京新聞歌壇選者。 著書 単著 = 歌集 = 第1歌集『春原さんのリコーダー 』本阿弥書店 1996 第2歌集『青卵』本阿弥書店 2001 選歌集『東直子集』 邑書林〈セレクション歌人〉 2003 第3歌集『十階-短歌日記2007』ふらんす堂 2010 = 小説・エッセイ = 『長崎くんの指』 マガジンハウス 2006 改題『水銀灯が消えるまで』集英社文庫(解説:穂村弘) 2010 『今日のビタミン*短歌添え*』(エッセイ)本阿弥書店 2006 改題『千年ごはん』中公文庫(解説:高山なおみ) 2011 『とりつくしま』(短編集)筑摩書房 2007 のちちくま文庫(解説:大竹昭子) 2011 『さようなら窓』マガジンハウス 2008 のち講談社文庫(解説:西加奈子) 2012 『ゆずゆずり』集英社 2009 改題『ゆずゆずり 仮の家の四人』中公文庫(解説:堀江敏幸)2013 『薬屋のタバサ』新潮社 2009 『らいほうさんの場所』文藝春秋 2009 のち講談社文庫(解説:雪舟えま)2014 『甘い水』リトルモア 2010 『耳うらの星』(エッセイ)幻戯書房 2011 『私のミトンさん』毎日新聞社 2011 『トマト・ケチャップ・ス』 講談社 2012 のち講談社文庫(解説・装画:今日マチ子)2015 『キオスクのキリオ』 筑摩書房 2012 『鼓動のうた 愛と命の名歌集』 毎日新聞社 2014 『いつか来た町』(エッセイ)PHP研究所 2014 『いとの森の家』ポプラ社 2014 『短歌の不思議』(評論集)ふらんす堂 2015 『晴れ女の耳』(怪談短編集)角川書店 2015 『七つ空、二つ水』(エッセイ)キノブックス 2015 共著 『短歌はプロに訊け!』穂村弘、沢田康彦共著 本の雑誌社 2000 『短歌はじめました。