皆の本棚にある有馬 哲夫の本

有馬哲夫
有馬 哲夫(ありま てつお、1953年 - )は日本の社会学者。 早稲田大学社会科学部・社会科学総合学術院教授。 専門は、メディア研究、アメリカ研究、日米放送史、広告研究、文化産業研究。 早稲田大学第一文学部卒業後、東北大学大学院・文学研究科を修了。東北大学大学院・国際文化研究科助教授を経て、1997年から早稲田大学社会科学部助教授、1999年に早稲田大学社会科学部教授、2004年9月より社会科学総合学術院教授。 東北大学大学院から、早稲田大学へ転出した1997年以降、ほぼ毎年のペースで、単著を出版している。また、岩波書店の「思想」や、研究社の「英語青年」から、新潮社の「週刊新潮」に至るまで、上・下・左・右を問わず、多くの雑誌媒体へ寄稿を行う。 マスメディア、とりわけ、その中心をなすに至った放送メディアが、現在の大衆文化・大衆社会をどのように作り上げてきたのか、その形成過程を歴史的に照射し、その今日的性格を明らかにする研究を行っている。

123

123