皆の本棚にある有栖川 有栖の本

有栖川有栖
有栖川 有栖(ありすがわ ありす、本名:上原正英、1959年4月26日 - )は、日本の小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。大阪府大阪市東住吉区生まれ。上宮高等学校、同志社大学法学部法律学科卒業。 小学5年生で推理作家を志し初めて小説を執筆する。中学3年のときに長編「大いなる殺人」を書き上げて第21回江戸川乱歩賞に応募するも落選。高校1年生の時にSRの会に入会。大学時代は推理小説研究会(現「同志社ミステリ研究会」)に所属し、機関誌『カメレオン』に創作を発表するほか、デイリースポーツに犯人当て小説「殺刃の家」を発表。当時の部員に黒崎緑、白峰良介、加地尚武がいる。 大学卒業後、大手チェーン書店に就職する。1984年、『月光ゲーム Yの悲劇'88』の原型を第30回江戸川乱歩賞に応募するが一次予選を通過することはできなかった。1986年、大学時代に機関誌『カメレオン』に発表した「やけた線路の上の死体」が鮎川哲也の編纂した鉄道ミステリーアンソロジー『無人踏切』に収録される。

12345678910

12345678910