皆の本棚にある有川 浩の本

有川浩
有川 浩(ありかわ ひろ、1972年6月9日 - )は、日本の女性小説家、ライトノベル作家。高知県出身。園田学園女子大学卒。 2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年に同作にてデビューした。ライトノベルでデビューしながらも、2作目からは一般文芸書籍と同等のハードカバー出版が続いており、電撃文庫出身作家の中でも特異な存在である(文庫で出版されたデビュー作『塩の街』も、後にハードカバーで再出版された)。 2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズで大ブレイク。インタビューでは、自作を大人向けのライトノベルと語っており、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。デビュー作以後、表紙にアニメ風のキャラクターイラストを使用しないのは、普段ライトノベルを読まない世代にも作品を手にとってもらうための策であり、子供向けのライトノベルの表紙がそういったイラストなのは本来、当たり前だと語っている。

12345678910

12345678910