皆の本棚にある新井 将敬の本

新井将敬
新井 将敬(あらい しょうけい)、1948年1月12日 - 1998年2月19日)は、日本の政治家、大蔵官僚。大阪府出身。  来歴・人物 大阪市生まれ。大阪市立菅南中学校を経て大阪府立北野高等学校卒業。 東京大学理科一類に入学。在学中は三島由紀夫やカール・マルクスに傾倒していた。衆議院議員になってからも学生運動に関するインタビューなどを受けている。東大経済学部卒業後、一時新日本製鐵に勤務。兵庫県の広畑製鉄所に配属されていた。その後、1973年大蔵省に入省。同期は加藤秀樹、金田勝年、佐藤隆文などで、東大紛争による東大入試中止の年次にあたる。 キャリア官僚としての経歴は、29歳で酒田税務署長を務め、銀行局課長補佐に就任する。当時、勢力拡大のため若手官僚を取り込んでいた渡辺美智雄の目にとまり、1980年渡辺が大蔵大臣に就任すると秘書官に抜擢され活躍する。代表的なものが、証券界が渇望していた小口預金的商品「中期国債ファンド」の導入である。銀行筋からの強い抵抗を押し切り、これに成功した。このときの証券業界の幹事が日興証券(現SMBC日興証券)であり、これを契機に両者の深い関係が始まり、後述の事件へとつながる。