皆の本棚にある支倉 凍砂の本

支倉凍砂
支倉 凍砂(はせくら いすな、1982年12月27日 - )は、日本の男性小説家、ライトノベル作家。立教大学理学部物理学科に在籍していた。卒業については不明。千葉県出身。日本推理作家協会会員。 14歳のころから小説を書き始め、16歳のころから文学賞に応募し始める。山内進『北の十字軍』やジャン・ファヴィエ『金と香辛料』、阿部謹也『ドイツ中世後期の世界』、同『中世の星の下で』等に触発され、立教大学に通う傍らで『狼と香辛料』の執筆を始める。2005年に『狼と香辛料』で第12回電撃小説大賞銀賞を受賞し、2006年2月に同作品でデビューを果たす。同作品はシリーズ化され、『このライトノベルがすごい! 2007』にて、新人ながら作品部門第1位を獲得した。 主に読むのは漫画で、小説はあまり読まない。 作品リスト 『狼と香辛料』シリーズ 『マグダラで眠れ』シリーズ ビリオネアガール(漫画原作) 『ワールド エンド エコノミカ』 参考文献 外部リンク すぱイしー ているず - 本人によるブログ。

12345678910

12345678910