皆の本棚にある折原 一の本

折原一
折原 一(おりはら いち、1951年11月16日 - )は日本の小説家・推理作家。埼玉県久喜市生まれ。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ会員。 経歴・作風 早稲田大学第一文学部卒業後、JTBに入社。JTB勤務中の主な業務は出版関係の仕事だった。その後月刊旅行誌「旅」の編集部員になる。 1985年、「おせっかいな密室」がオール讀物推理小説新人賞の最終候補作となる。1988年に、同作を含む短編集『五つの棺』が東京創元社より刊行され、作家活動を開始。次いで同社より「鮎川哲也と十三の謎」の1冊目として『倒錯の死角(とうさくのアングル) 201号室の女』が刊行される。同年に執筆した長編推理小説『倒錯のロンド』が江戸川乱歩賞最終候補作まで残るものの落選。1995年早川書房より刊行した小説『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。 執筆する作品のほとんどに叙述トリックが使われており、(「叙述トリック」という枕詞がネタバレに成り得ない程に)日本を代表する叙述トリック作家といえる。

12345678910

12345678910