皆の本棚にある岸見 一郎の本

岸見一郎
岸見 一郎(きしみ いちろう、1956年 - )は、日本の哲学者、心理学者。 京都府生まれ。1987年、京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。 京都教育大学教育学部、甲南大学文学部、京都府医師会看護専門学校、奈良女子大学文学部非常勤講師、前田医院精神科勤務、聖カタリナ女子高等学校看護専攻科(心理学)非常勤講師。日本アドラー心理学会認定カウンセラー。日本アドラー心理学会顧問。 専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。 2013年に刊行した古賀史健との共著『嫌われる勇気』が100万部を超えるベストセラーになる。 2015年7月、岸見は朝鮮日報とのインタビューで、「私の本が韓国でベストセラーになっているという現象について、日本のメディアは報じていない」と日本メディアを批判した。 著書 単著 『アドラー心理学入門 よりよい人間関係のために』ベストセラーズ・ワニのnew新書 1999 『不幸の心理幸福の哲学 人はなぜ苦悩するのか』唯学書房 2003 『アドラーを読む 共同体感覚の諸相』アルテ 2006 『アドラーに学ぶ 生きる勇気とは何か』アルテ 2008 『高校生のための心理学入門』アルテ 2009 『アドラー心理学シンプルな幸福論』ベスト新書 2010 改題『アドラー心理学実践入門 「生」「老」「病」「死」との向き合い方』ベストセラーズ・ワニ文庫 2014 『アドラー人生を生き抜く心理学』日本放送出版協会・NHKブックス 2010 『子育てのための心理学入門』アルテ 2010 『困った時のアドラー心理学』中公新書ラクレ 2010 『介護のための心理学入門』アルテ 2011 『アドラーに学ぶ 2 (愛と結婚の諸相)』アルテ 2012 『よく生きるということ 「死」から「生」を考える』唯学書房 2012 『高校生のためのアドラー心理学入門 なぜ自分らしく生きられないのか』アルテ 2014 『子育てのためのアドラー心理学入門 どうすれば子どもとよい関係を築けるのか』アルテ 2014 『生きづらさからの脱却 アドラーに学ぶ』筑摩選書 2015 講演 講演CD『自由に生きるヒント:基礎編・実践編・質疑応答編』講演CD 3巻シリーズ 岸見一郎キャンペーンサイト 2016 共著 『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』古賀史健共著 ダイヤモンド社 2013 『幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ』古賀史健共著 ダイヤモンド社 2016 翻訳 = アドラーの著作 = 『個人心理学講義 生きることの科学』一光社 1996 『子どもの教育』一光社 1998 のちアルテ 『人はなぜ神経症になるのか』春秋社 2001 のちアルテ 『生きる意味を求めて』アルテ 2007 アドラー・セレクション 『教育困難な子どもたち』アルテ 2008 アドラー・セレクション 『人間知の心理学』アルテ 2008 アドラー・セレクション 『性格の心理学』アルテ 2009 アドラー・セレクション 『人生の意味の心理学』アルテ 2010 アドラー・セレクション 『個人心理学の技術 1 (伝記からライフスタイルを読み解く)』アルテ 2011 アドラー・セレクション 『個人心理学の技術 2 (子どもたちの心理を読み解く)』アルテ 2012 アドラー・セレクション 『子どものライフスタイル』アルテ 2013 アドラー・セレクション 『性格はいかに選択されるのか』アルテ 2013 アドラー・アンソロジー 『勇気はいかに回復されるのか』アルテ 2014 アドラー・アンソロジー = アドラーの伝記 = エドワード・ホフマン『アドラーの生涯』金子書房 2005 参考 [ISBN 978-4-434-19501-3] 脚注 外部リンク Ichiro's Home Page - 本人のサイト amazon 著者ページ“岸見一郎” 『嫌われる勇気』オフィシャルウェブサイト - ダイヤモンド社 『自由に生きるヒント』岸見一郎 講演CDウェブサイト - 暦日会。

12345678910

12345678910